ホンダ RA107 サイドポッドフィン F1 J・バトン サイン付き

ファイル ra107-4.jpgファイル ra107-3.jpgファイル ra107-2.jpgファイル ra107.jpg

商品購入フォーム
Price:
38000 JPY
Stock:
Sold-Out / Out of stock

Currency Converter

Attention
The exchange rates for foreign currency change daily.
Foreign exchange fees will be charged separately.

--> --> --> -->

ホンダ RA107 サイドポッドフィン F1 J・バトン サイン付き

実車解説

ホンダ・RA107はホンダが2007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。

後述の車体カラーリングが話題を呼んだ。

ワークスチームとしての参戦再開初年度となった2006年シーズンをコンストラクターズランキング4位で終えたホンダは、新しいフルスケール風洞施設を活用して、RA106に根本的な改良を加えた。

前年をもってメインスポンサーのブリティッシュ・アメリカン・タバコが撤退したため、マシンのカラーリングは一新された。

新たな試みとして車体から全てのスポンサー広告を排除し、地球をイメージした「アースカラー」を採用した。

ホンダは環境問題をテーマにした「アースドリーム・プロジェクト」を設立し、公式サイトで趣旨に賛同した人々の名前をボディに掲載した。

このコンセプトは、芸能マネージャーとして知られるサイモン・フラー (Simon Fuller) の19エンターテインメント社が手掛けたもので、これにより第2回グリーン・アワードでグランプリを獲得した。

しかし、その性能はテスト段階から評価が低く、8戦目にバトンが8位入賞するまでワークスチーム中唯一コンストラクターズポイントがないという有様であった。

エンジン供給先であり実質的なBチームであるスーパーアグリにすら16戦目までコンストラクターズランキングにおいて後塵を拝すという有様だった。

その緑や青がまだらにペイントされたカラーリングから「ホンダの車には“カビが生えた”」と言われる始末であった。

マシンの開発は、中本修平シニア・テクニカルディレクターの指揮の下に製作された。

しかし、2006年にジェフ・ウィリスを解雇したため、合議制によりマシンがデザインされたが、リーダーシップ不在により迷走し、失敗作となった。

なお、バリチェロによると、新導入した風洞実験装置に問題があり、それがシーズンの低迷につながったとのことである。

空力的に敏感すぎる性質があり、コーナー入口でアンダーステア、出口でオーバーステアが出る症状をドライバー2人は毎レースのように訴えていた。

ドライバー;ルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトン。

By Wikipedia:ウィキペディア

Made by .