1/1 アイルトン・セナ レプリカヘルメット '94 ウイリアムズ

ファイル sennna001-11.jpgファイル sennna001-7.jpgファイル sennna001-6.jpgファイル sennna001-5.jpgファイル sennna001-4.jpgファイル sennna001-3.jpgファイル sennna001-2.jpgファイル sennna001.jpg

商品購入フォーム
Price:
49800 JPY
Stock:
Sold-Out / Out of stock

Currency Converter

Attention
The exchange rates for foreign currency change daily.
Foreign exchange fees will be charged separately.

--> --> --> -->

1/1 アイルトン・セナ レプリカヘルメット '94 ウイリアムズ

1994年 ウィリアムズ

前年のチャンピオンチームであるウィリアムズ・ルノーへ、念願の移籍を果たす。

しかし、前年までのウィリアムズの武器であったアクティブサスペンションやトラクションコントロールなどのハイテク技術がこの年のルール変更により禁止され、新車FW16は開幕直前まで完成を待たなければならず、
当時のデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイの指揮の元、空力を重視したマシンは非常にナーバスなマシンに仕上がっていた。

特にアクティブサスペンションはニューウェイの作りだすマシンの空力的に神経質な部分を補っていたため、
その禁止はウィリアムズにとって大きな打撃となった。

1994年第3戦サンマリノGP前にはセナはベルガーに、「ゲルハルト、マシンをドライブするなんてことはできないよ。

マシンには空力的にドライブが難しい部分があったようだ。

パフォーマンスは最悪で、まだ乗りこなせていない」と語っている。

開幕戦ブラジルGPではPPからスタートするも、ピット作業でシューマッハに逆転され、追走中にスピンを喫しリタイヤ。

第2戦パシフィックGPでも2戦連続のPPを獲得するも、スタート直後にハッキネンとニコラ・ラリーニに追突されてリタイヤ。

開幕2戦を消化した時点でのノーポイントは、デビュー以来初のことだった。

迎えた第3戦サンマリノGPは、予選から重大事故が多発。

そして翌4月30日の予選2日目には、ヴィルヌーヴ・コーナーでクラッシュしたローランド・ラッツェンバーガーが死亡。

グランプリ中の死亡事故は、F1では12年ぶりのことだった。

これら一連のアクシデントの中でセナは心理的に不安定な状態となり、電話で恋人アドリアーナに「走りたくない」と話していたことが後に語られている。

ただし、夜には落ち着きを取り戻していたという。 セナは開幕から3戦連続のポールポジションから決勝をスタートし、1コーナーでも首位をキープしたが、後方での事故によりセーフティーカーが導入される。

そして再スタートが切られた後の7周目(現地時間午後2時17分)に超高速・左コーナー「タンブレロ」において、
時速312kmで首位を走行中に、そのまま直進してコースアウトし、コース右脇のコンクリートウォールに激突
(激突寸前、時速210km~220kmまで急減速していた)、セナが駆るマシン・FW16は大破した。

車載映像には、セナがシフトダウンしステアリングを左に切るもののマシンが曲がらないままコンクリートウォールに向かう映像が残っている。

セナは意識不明のまま、事故発生から約4時間後の午後6時40分に、34歳で死亡した。

Byウィキペディア

出来、光沢すばらしい商品です。

フェルト製 保存・収納用袋をお付けいたします。

Made by .