Ferrari 312 PB Sport 1000Km Buenos Aires 1972. Made by TAMEO

ファイル tmk018.jpg

商品購入フォーム
Price:
3600 JPY
Stock:
Sold-Out / Out of stock

Currency Converter

Attention
The exchange rates for foreign currency change daily.
Foreign exchange fees will be charged separately.

Made by :
TAMEO
Scale :
1/43
This Item :
Kit to build / キット
Parts :
Complete (As far as I know all the kits are complete. ) / パーツ 欠品なし
Decal :
Condition is Excellent. No major damages / デカール 良好 (目立ったダメージなし)
Box :
Condition is Excellent. No major damages. / 外箱 良好 (目立ったダメージなし)

Ferrari 312 PB Sport 1000Km Buenos Aires 1972

フェラーリ・312PB

移動先: 案内、 検索

312PB 1973年耐久レース世界選手権
フェラーリ・312PBは、1971年から1973年の耐久レース世界選手権を戦うために、フェラーリが開発したレース用車両である。プロトタイプレーシングカーに分類される。

目次 [非表示]
1 概要 1.1 1971年の戦績

2 312PB/72 2.1 1972年の戦績

3 312PB/73 3.1 1973年の戦績

4 ドライバー
5 関連項目
6 注釈
7 出典
8 参考文献

概要[編集]

開発は1970年から始められ、その年に登場した、フォーミュラ1(F1)の312Bに搭載されたエンジンをデチューンして使用された。このエンジンは、1969年の312Pの60度V型12気筒とは別物の、180度V型12気筒[注釈 1]2,991cc4カムで、1気筒あたり4バルブを持っていた。

特筆すべきはこのエンジンのクランクベアリングが4つしかないことで、これは長いクランクシャフトと、フライホイールの間にラバーダンパーを挿入することによって、クランク自体の振り振動が少なくなったため可能になった[注釈 2]。

またカム駆動がそれまでのチェーンから、ギアトレーンへ変更された。ギアトレーンはチェーン駆動より振動などの問題は増えるが、高回転でのバルブタイミングの正確さを求めたためといわれる。これらにより摩擦ロスが抑えられた結果、最高回転数は10,000rpmを超えることになった。

燃料供給は、312Pと同じくルーカス製の機械式燃料噴射装置、点火装置もマニエッティ・マレリのトランジスタ点火装置、ディノプレックスを採用していた。

最高出力は、F1仕様の480hp/12,600rpmに対して、440hp/10,800rpm(1971年仕様)と発表された。

シャーシは、それまでのフェラーリ・スポーツプロトタイプカーと同じく、鋼管スペースフレームにアルミパネルをリベット止めした、通称エアロと呼ばれるセミモノコックで、左側のサイドシル部分に120リットル入りの燃料タンクを搭載した。これは右側に乗るドライバーとのバランスを取るためといわれている[注釈 3]。

エンジンはサブフレームに取り付けられるが、F1と同じくエンジン/ミッションが構造体の一部として、リアの足回りを支える設計になっている。

サスペンションは、基本構成は330P2からの足回りを踏襲しフロントがダブルウィッシュボーンとコイル・ダンパー、リアがIアームと逆Aアームの4リンク/コイル・ダンパーの組み合わせ。ホイールベースは2,220mmで312Pより150mm短い。

ボディワークは512Mの風洞テストの結果からデザインされ、形状はオープンボディのみ、開発時はアルミ製だったが実戦用は繊維強化プラスチックで製造された。車両重量は発表時585kgで、312Pより100kgほど軽かった。

1970年に312PBは3台製作され、1台が実戦に向けシェイクダウンテストを行った。フェラーリは、1971年をテストの年と割り切って、レースには1台のみを参戦させていたが、第1戦のブエノスアイレス1000kmでイグナツィオ・ギュンティが事故死、最悪のデビューとなった。

1971年、312PBはシーズンを通して1発の速さはあったが、耐久性の低さを露呈した。この結果フェラーリは1972年に向け、速さより耐久性の向上へ開発の目を向けることになった。

1972年から変更された耐久レース選手権は、それまでグループ6と呼ばれていたカテゴリーをグループ5へ移行し、名称もスポーツカーへ改められた。また最低重量の制度が復活した。

国際自動車連盟(FIA)はF1のエンジンを流用して、多くのコンストラクターがこのレースに参加しやすいよう、6時間または1000kmを具体案として耐久レースの距離短縮にも働きかけた。その結果デイトナ24時間は6時間に短縮されることとなったが、セブリングとル・マンの主催者はこれを突っぱねたため、決定は1973年へ先送りされた[注釈 4]。

1971年の戦績[編集]

※()内は車体番号。
第1戦 ブエノスアイレス1000km:(0874)リタイア
第2戦 デイトナ24時間レース:出場せず
第3戦 セブリング12時間:(0878)リタイア(5時間目まで1位)
第4戦 BOAC1000km:(0878)2位
第5戦 モンツア1000km:(0878)リタイア
第6戦 スパ・フランコルシャン1000km:(0878)8位
第7戦 タルガ・フローリオ:出場せず
第8戦 ニュルブルクリンク1000km:(0878)リタイア
第9戦 ル・マン24時間レース:出場せず
第10戦 オーストリア1000km:(0878)リタイア(149周目まで1位)
第11戦 ワトキンスグレン6時間:(0878)リタイア
ノンチャンピオンシップ戦 イモラ500km(インターセリエ第6戦):(0878)第1ヒート1位、決勝リタイア
キャラミ9時間:(0880)優勝、(0882 or 0884)2位

1972年 ニュルブルクリング1000kmでの312PB"0886"
312PB/72[編集]

1971年からの変更点は、エンジン出力の向上(440hpから450hp)、ギアボックスの分割化、シャーシの強化[注釈 5]、燃料タンクの分割化、タイヤのロープロファイル化によるカウリングの形状変更などが挙げられる。

さらにチーム体制に大きな変更があった。1972年から3台を1レースに出場させる体制であったが、3台を1チームで2チーム編成(つまり6台)し、片方のチームがレースに出場しているとき、もう片方のチームは、マラネロでマシンのプリペアに専念するという体制が敷かれた。これが1972年に功を奏することになった。従来のフェラーリのスポーツプロトタイプカーは、新車のうちは速いが、シーズンを通して明らかにプリペアが足らずリタイアに追い込まれるというパターンがあったが、ここで漸く勝てるチーム体制になったといえる。

またドライバーも、耐久レースの性格上、シートポジションなどの調整時間を省くため背格好の似た選手が組み合わされた。

1972年は、前年の準備期間とチーム体制が功を奏し、出場レースに全て優勝し、ル・マンの前にシリーズタイトルを決定するという快挙を成し遂げた。

1972年の戦績[編集]
第1戦 ブエノスアイレス1000km(0886):1位 (0884):2位 (0882):10位
第2戦 デイトナ6時間:(0888)1位 (0892)2位 (0890)4位
第3戦 セブリング12時間:(0882)1位 (0886)2位 (0884)リタイア
第4戦 BOAC1000km:(0888)1位 (0894)2位 (0890)5位
第5戦 モンツア1000km:(0882)1位 (0886)3位 (0884)リタイア
第6戦 スパ・フランコルシャン1000km:(0894)1位 (0888)2位 (0890)リタイア
第7戦 タルガ・フローリオ:(0884)1位(1台のみ出場)
第8戦 ニュルブルクリング1000km:(0886)1位 (0890)2位 (0882)リタイア
第9戦 ル・マン24時間:出場せず
第10戦 オーストリア1000km:(0888)1位 (0896)2位 (0894)3位 (0884)4位(このレースのみ4台出場)
第11戦 ワトキンスグレン6時間:(0896)1位 (0894)2位 (0892)リタイア
ノンチャンピオンシップ戦 イモラ500km:(0890)1位 (0896)2位 “0896”は1973年仕様との資料あり
キャラミ9時間:(0890)1位 (0896)リタイア

by ウィキペディア

Ferrari 312 PB

Da Wikipedia, l'enciclopedia libera.

Vai a: navigazione, ricerca

Ferrari 312 PB

1973-05-27 Jacky Ickx, Ferrari 312P.jpg

Descrizione generale

Costruttore
bandiera Ferrari

Categoria
Campionato Mondiale Sportprototipi

Classe
Sport Prototipo

Squadra
Scuderia Ferrari

Progettata da
Mauro Forghieri

Sostituisce
Ferrari 312 P

Sostituita da
Ferrari 333 SP

Descrizione tecnica

Meccanica

Telaio
monoscocca in lega leggera

Motore
Ferrari Tipo 001 - V12 180° da 3 litri

Trasmissione
5 rapporti

Dimensioni e pesi

Lunghezza
3.500 mm

Larghezza
1.880 mm

Altezza
956 mm

Passo
2.220 mm

Peso
585 kg

Altro

Pneumatici
Firestone (1971/72), Goodyear (1973)

Avversarie
Matra MS660, Matra MS670, Alfa Romeo Tipo 33, Porsche 908

Risultati sportivi

Debutto
1971

Palmares

Campionati costruttori
1 (1972)

La Ferrari 312 PB era una vettura da competizione costruita dalla Ferrari, classificata tra i prototipi di Gruppo 6 e destinata a competere nel Campionato Internazionale Marche del 1971.

Indice [nascondi]
1 Origini del nome
2 Contesto
3 Tecnica
4 Carriera agonistica
5 Note
6 Altri progetti
7 Bibliografia
8 Collegamenti esterni

Origini del nome[modifica | modifica wikitesto]

Il nome originale di questa automobile era 312 P, mentre la denominazione 312 PB (dove la B sta per motore Boxer) le fu attribuita solo in un secondo momento per distinguerla dall'omonima vettura che la Casa di Maranello aveva realizzato nel 1969. Tuttavia, le analogie tra i due modelli si fermano al solo nome ufficiale; infatti, la 312PB presentava parecchi punti di contatto con la serie 312B, destinata alla F1, a partire dal motore: il Ferrari Tipo 001 12 cilindri piatto da 2991 cm³, depotenziato a circa 440 CV. Esteriormente simile a un motore boxer, il propulsore progettato da Forghieri era in realtà un motore a V piatto. La differenza tra un motore boxer e un motore V piatto è la forma delle manovelle dell'albero motore e la sequenza di accensione nei cilindri; nel motore boxer i pistoni si muovono l'uno verso l'altro in senso opposto mentre i pistoni di un motore piatto si muovono perfettamente all'unisono. Il grande vantaggio rispetto al motore V12 di 60 gradi utilizzato nelle precedenti 312 P è la ridotta altezza del motore a V di 180 gradi. Ciò contribuisce a diminuire l'altezza complessiva della vettura e abbassare il centro di gravità, il che migliora la maneggevolezza.

Fu costruita in undici esemplari[1] (ma altre fonti ne riportano 12[2]).

Contesto[modifica | modifica wikitesto]

Nel 1970, mentre ancora infuriava in pista lo scontro agonistico tra la dominatrice Porsche 917 e la sfidante Ferrari 512S, la Commissione Sportiva Internazionale annunciò che per la stagione 1972 le vetture sport con cilindrata di 5 litri non avrebbero più potuto partecipare al Campionato Internazionale Marche, lasciando campo libero alle vetture "prototipo" con motore da 3 litri: le reazioni delle due case costruttrici furono diametralmente opposte e, mentre i tedeschi decisero di interrompere il loro impegno ufficiale alla fine della stagione 1971 (per poi concentrarsi nel Campionato CanAm in cui già gareggiavano), gli italiani decisero di abbandonare per il 1971 lo sviluppo della "512" e di realizzare una nuova vettura "prototipo" con tecnologia e motore da Formula 1, partendo da componenti comuni con la loro nuova monoposto Ferrari 312 B che aveva appena debuttato nella massima serie[3], per ritrovarsi tra le mani una vettura già collaudata all'entrata in vigore del nuovo regolamento.

Tecnica[modifica | modifica wikitesto]

Il telaio in lega leggera della 312PB discendeva concettualmente dalla 312B di F1: come per molte Ferrari di quel periodo, il capo progettista optò per un telaio "misto" formato da una struttura tubolare rinforzata da pannelli di alluminio rivettati ad esso, creando così una leggera monoscocca caratterizzata dai serbatoi sui lati dell'abitacolo: quello principale da 80 litri sulla sinistra del posto guida e un altro da 40 litri sulla destra e in più altri due da 10 litri sotto al pilota, per una miglior ripartizione delle masse; vennero adottate le medesime sospensioni a quadrilateri deformabili, lo stesso retrotreno e il motore usati sulla Formula 1: quest'ultimo fu modificato dal progettista Franco Rocchi per le specifiche esigenze delle gare di durata, mentre la carrozzeria (disegnata da Giacomo Caliri) era di poliestere rinforzato con vetroresina e venne realizzata dalla ditta "Cigala & Bertinetti" di Torino[3]. Risultato di tutti questi accorgimenti fu il contenimento del peso in appena 585 kg, il tutto a vantaggio della maneggevolezza della barchetta[3].

by Wikimedia

 
商品について

◆撮影用に一部開封してあります。

◆部品は揃っていると思いますが、欠品の際のご対応は出来ませんのでご了承ください。

◆デカールは経年変化が考えれれ、水につけた際に、バラける可能性があります。

◆新古品の為、箱等にキズ、汚れ等あります。細かいことを気にされます方は購入をご遠慮下さい。

◆メタル・レジンモデル特有の製造方法や品質などご理解の上、購入をお願いいたいます。

◆大量生産モデルなので、若干の個体差が有ります事を御承知下さい。
 
発送・お支払いに関して

◆発送は、ヤマト運輸 とさせていただきます。
 (料金は下記参照) 目安 : ミニカーキット4個 = 60サイズ

◆コレクトサービス(商品代引)をご利用の際、手数料がかかります。

◆紛失等のトラブルを避けるため、定形外郵便での発送はご遠慮願います。

◆代金のお支払いは、落札後一週間以内とさせていただきます。

◆期限内にお支払いいただけない時、事前通知なしにキャンセルする場合があります。

◆期限延長をご希望の際は、遠慮なくお申し出ください。
 
返品に関して<><>◆商品到着後7日以内にご連絡いただければ、返品を受付いたします。<><>◆返品の際 必ずメール・お電話にてご連絡ください。ご連絡いただけなかった場合は、返品受付をお断りいたします。<><>◆お客様のご都合による返品の際は、返品送料・購入時の送料・振込手数料は、お客様負担とさせていただきます。<><>◆不良品・誤品配送交換の場合、送料は当店が負担いたしますので、送料着払いにてお送りください<><>◆不良品・誤品配送とは<>(1)注文した商品と違うものが届いた。<>(2)商品が破損していた。<>(3)商品の説明や写真に比べ状態が明らかに違いがある。<><>◆配送途中の破損と思われる場合は、配送業者が確認にお伺いいたしますので、ご連絡をお願いします。<><>◆次の場合、返品はご容赦ください。<>(1)一度ご使用になられた商品 (お客様が汚損または、破損された商品)<>(2)開封後、ご自分でパーツを無くした商品<><>◆ご購入頂いた場合、『重要事項』をご了承頂いたものとします。
 
It is opened for photography partly.<><>I think that the parts is complete. But we cannot accommodate a request from you if a missing part was.<><>The decal may deteriorate in quality. When you dipped it into the water, it may break up.<><>The box has a wound and dirt. You had better not purchase it if you care about detailed things. <><>This has some individual difference. Because it is a mass production model.

Made by TAMEO.