記事一覧

ferrari 375 coupe 1953 No,23/26 PANAMERICAINE. Made by STARTER

ファイル 25-1.jpg
ファイル 25-2.jpg
ファイル 25-3.jpg
ファイル 25-4.jpg
ファイル 25-5.jpg
ファイル 25-6.jpg
ファイル 25-7.jpg
ファイル 25-8.jpg
ファイル 25-9.jpg

1953 Ferrari 340/375 MM Pinin Farina Berlinetta 0322AM

Built for the 1953 24 Hours of Le Mans, the type 340/375 combined the Mille Miglia-winning 340 chassis with Ferrari's F1 V12 engine.

It was Ferrari's weapon of choice for many endurance sports car races.

Mike Hawthorn and Giuseppe Farina won the 1953 24 Hours of SPA outright in their 340/375, but outright victories at Le Mans and the Carrera Panamericana eluded the model.

初の4.5リッター・スポーツカーとして誕生した375MM。
1954年の史上最も過酷なレース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコでは、フィル・ヒルが総合2位を獲得。イメージ的に375F1と同じエンジンと思えるが、実は340系のボアアップ版を搭載している。
本車両は1953年のパン・アメリカーナ出場車である。

また、1953年のルマンに出場した375MM(C/N0318)と340MM(C/N0320、0322)の3台のベルリネッタは、ここに示すピニンファリーナ製のボディーが架装されて、375MMとして生まれ変わった。

●4522.9cc●340HP

Alfa Romeo Sprint 6c GrB

ファイル 24-1.jpg
ファイル 24-2.jpg
ファイル 24-3.jpg
ファイル 24-4.jpg
ファイル 24-5.jpg
ファイル 24-6.jpg
ファイル 24-7.jpg
ファイル 24-8.jpg

スプリント6C

1982年までにグループBへ参戦するためグループ2、4へ参戦させるGTV6の2.5LV6エンジンを搭載した「スプリント6C」を計画し、リヤルーバーの形状違いのプロトタイプを何台か製作していた。

エンジンユニットをミッドシップ縦置きにレイアウトしたRWDで、外観上の風変わりな点としてラジエータのみフロントに残し、エンジンの吸気インレットを跳ね上がる形に拡張されたリヤスポイラーに持つ。

アウトデルタ自体からは何台か仕様の違うGTV6を用意したがGr.2仕様のみWRCでの認可が降りなかったため6Cでの参画も立ち消えとなってしまった。

In 1982 Alfa Romeo begins to develop a car to compete in the World Rally Championship in Group B.

“It’s an Alfasud Sprint 6C,” Walter says Alexis Alfa Romeo Club of France. Some experts say no, but officially there was a single copy.

Its origin was a willingness to participate in the World Rally Championship category in group B. So this car is in compliance with the regulation of group B. It is equipped with a V6 rear center position. This is the complete mechanical GTV6 was chosen. This is a car that was produced in a single and has never been developed for the competition since then the championship Group B stopped.

It was considered too dangerous. The cars were too fast, too powerful. There have been some very serious accidents, with the dead. The federation had decided to change regulations to reduce, limit the power of the cars.

Compared to the standard version, there is little in common. Apart from the body or parts of equipment inside. All that part is different chassis and mechanics as well.

It is a V6 2.5-liter that was originally designed for the Alfa 6 and that made the heyday of GTV 6. It is a motor powered by a 60 ° injection Bosch. It is here in a longitudinal rear. The hull is steel with polyester element. It is not much lighter than the standard car because it has a much larger mechanical.

Originally the car was designed with a boxer engine, an engine that was very light. Here the weight of the V6 that the car is not much lighter than a standard car.

The interior is very close to the series. Apart from the steering wheel and bucket seats for the competition, the rest is completely standard.

Aesthetically it is a Sprint inflated bodybuilding. That is to say with flared fenders, wider lanes, wider wheels.”

Ferrari 212 Export Vignale 1951 #0076

ファイル 23-1.jpg
ファイル 23-2.jpg
ファイル 23-3.jpg
ファイル 23-4.jpg
ファイル 23-5.jpg
ファイル 23-6.jpg
ファイル 23-7.jpg
ファイル 23-8.jpg
ファイル 23-9.jpg

  • 自動車のスペック表-

フェラーリ・212
乗車定員 2人
エンジン 2,552cc水冷V型12気筒SOHC
最高出力 165ps/6,500rpm
変速機 5速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:半楕円リーフ
全長 3,785mm
全幅 1,575mm
全高 1,168mm
ホイールベース 2,250mm
車両重量 948kg

フェラーリ・212は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリが1951年に製作した自動車である。

フェラーリ・195から進化したモデル。

エンジンは大人しいチューニングが施された2,552ccV型12気筒SOHC。

それまで代表的だったトゥリング製バルケッタは少数で、3キャブ/ショートホイールベースのエクスポルト、シングルキャブ/ロングホイールベースのインテルともにヴィニャーレやピニンファリーナなどによる組み合わせが多数だった。

1952年、インテルのシャーシにカブリオレを架装したインテル・カブリオレが製造されたが、これがピニンファリーナとの協力で産まれた初めてのモデルであり、以後深い関係が築かれた。

Ferrari 212 Export

Manufacturer Ferrari
Production 1951
28 produced
Body and chassis
Class Sports car
Layout FR layout
Related Ferrari 212 Inter
Powertrain
Engine 2,562 cc (156.3 cu in) SOHC Colombo V12
Transmission 5-speed manual, non-synchromesh
Dimensions
Wheelbase 2,250 mm (88.6 in)
Chronology
Predecessor 195 S
Successor 225 S

The Ferrari 212 Export was a sports racing car produced by Ferrari in 1951 to replace the 195 S. It had a shorter wheelbase than the road-oriented Ferrari 212 Inter model, which was a Grand tourer.

The Colombo engine used in the Export had an 8.0:1 compression ratio, up from the 7.5:1 ratio used in the Inter. Customers who wanted the Export to be a faster GT than the Inter ordered the engine with one Weber 36 DCF carburetor, which would give a power output of 150 bhp (112 kW) at 6000 rpm. Most Exports were used in competition and were fitted with a more complicated setup with three Weber 32 DCF carburetors, yielding a power output of 175 bhp (130 kW; 177 PS) at 6500 rpm.

Twenty-eight 212 Export models were built.

In 1951, 212 Exports took the first three places in the Tour de France automobile racing event and won the Giro di Sicilia and the Giro di Toscana motor races.

by Wikipedia

Tyrrell DG016 meri kits

ファイル 21-1.jpg
ファイル 21-2.jpg
ファイル 21-3.jpg
ファイル 21-4.jpg
ファイル 21-5.jpg
ファイル 21-6.jpg
ファイル 21-7.jpg
ファイル 21-8.jpg

ティレルDG016は、ティレルが1987年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。

設計はブライアン・ライルスとモーリス・フィリップ。

1987年シーズンにNAエンジンを使用した5つのチームのうちのひとつであるティレルが開発した。
エンジンは前年のルノー・EF15ターボから、コスワース・DFZにスイッチした。
メインスポンサーは前年から引き続きデータゼネラルと、アメリカの炭素繊維素材を扱う大手企業・コートールズを迎えた。

ティレルのそれまでの車両名は3桁の数字のみであったが、このモデルではスポンサーのデータゼネラル(Data General)の頭文字[2]"DG"が付与された。

目だった速さこそ無かったものの、ジョナサン・パーマーとフィリップ・ストレイフは堅実に完走し、計11ポイントを獲得してチームランキング6位に輝いた。
1987年シーズンには、ターボ勢とNA勢の性能差があまりに大きい(NA勢の600馬力弱に対し、ターボエンジンは軒並み1000馬力近いパワーでデッドヒートを繰り広げていた)ためにNA限定のチャンピオンシップ、「コーリン・チャップマントロフィー」(コンストラクター部門)、「ジム・クラークトロフィー」(ドライバー部門)が設けられ、ティレルはライバルのマーチ、AGSらを下し、その両タイトルを獲得した(ドライバー部門はパーマーが制した)。

The Tyrrell DG016 was a Formula One racing car designed by Maurice Philippe and Brian Lisles. It was built and raced by Tyrrell Racing in the 1987 Formula One season, using a customer Cosworth DFZ engine. The "DG" in the car's name was a reference to the team's major sponsor, Data General.

The DG016 made its debut at the opening race of the 1987 Formula One season and would be part of two different championships. For 1987 only there would be the Colin Chapman Trophy (for constructors of cars equipped with naturally aspirated engines). In this championship the Tyrrell DG016 was a major success finishing 1st by over 100 points from the Larrousse-Calmels Team (helped by Tyrrell being the only two car 'atmo' team to run both cars for the entire season). Drivers Jonathan Palmer and Philippe Streiff would have finished on the naturally aspirated podium at all 16 rounds of the season.

The car was also successful in the full Constructors' Championship with 6th place, including points finishes for Palmer in Monaco and Australia, for Streiff in France, and remarkably for both drivers in Germany at the fast Hockenheimring circuit whose long straights did not suit the 'atmo' cars (largely thanks to 13 of the 18 turbo runners failing to finish due to either engine or turbo failure). The result in Germany was even more remarkable considering that Streiff and Palmer qualified 22nd and 23rd respectively, with Streiff 10.912 seconds slower than the pole time set by Nigel Mansell in his Williams-Honda turbo, while the fastest race lap for the DG016, again set by Streiff, was 8.512 seconds slower than Mansell's fastest lap of the race. Despite being significantly slower than the turbos, both Tyrrells only finished one lap behind race winner and 1987 World Champion Nelson Piquet in his Williams-Honda.

These results helped place Tyrrell above such turbo powered teams as Arrows (7th) and Brabham (8th) in the open Constructors' Championship.

The DG016 was replaced for the 1988 Formula One season by the equally unsuccessful Tyrrell 017.

by Wikidata

Arrows A3 tenariv

ファイル 20-1.jpg
ファイル 20-2.jpg
ファイル 20-3.jpg
ファイル 20-4.jpg
ファイル 20-5.jpg

アロウズ・A3は、アロウズが1980年、1981年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。

前年のA2に比べてオーソドックスな形状となったA3は、1980年にはリカルド・パトレーゼがアメリカ西GPで2位に入賞した。1981年はパトレーゼがブラジルGPで3位、サンマリノGPで2位に入賞した。しかしながら総じて予選落ちやリタイアが多く、信頼性の低いマシンであった。

The Arrows A3 was the car the Arrows Formula One team used to compete in the 1980 and 1981 Formula One seasons. Members of the Warsteiner Arrows Racing Team in 1980 were Riccardo Patrese, Jochen Mass, Mike Thackwell and Manfred Winkelhocin and in 1981 Riccardo Patrese, Siegfried Stohr and Jacques Villeneuve.

We acquired the car in 2008 and had the Warsteiner livery restored for the 2009 season. We campaigned the car at Brands Hatch and other tracks during that season (Race Number 23) and loaned the car to Rob Hall of Hall & Hall for the last race of the Historic Formula One 2009 season at Paul Ricard (Race Number 21) .

[This is the only Arrows we currently have.]

ページ移動